FC2ブログ

一人webマスターの独り言

SEO・SEMやオーバーチュア広告・アクセス解析とか、独学で感じたこととか、ふと思ったことなんかをつらつらと。
一人webマスターの独り言 TOP  >  PPC >  adwords(アドワーズ)広告の品質スコアを上げる簡単な方法

adwords(アドワーズ)広告の品質スコアを上げる簡単な方法

最近グーグルアドワーズを始めてしばらく経ちますが、とにかく品質スコアが上がらない限りは費用対効果が望めないアドワーズ広告です。


品質スコアが上がらない限り、
広告の露出頻度もあがらず、クリック単価も下がらず、踏んだり蹴ったりの状況が続いていきます。




そんな中、ちょっと気づいてやってみたところ、おおむね品質スコアを上げられた方法があったので。







品質スコアの主な要因としては
※キーワードの関連性
※リンク先ページの品質
※リンク先ページの読み込み時間

SEOに関してランキングの要因としてリンク先ページの読み込み時間がランキングに影響するかどうかは、
鈴木謙一さんのブログにあるようにページの読み込み時間はランキングに影響を与えません

つまりadwordsにも同じことが言えると思います。
よほど読み込み時間が遅くなければ。



キーワードの関連性とは広告表示の際にマッチしたキーワードが使用されているか?
ということになるので、ここは広告のグルーピングをうまく行えば出来る事でしょう。


ただ、リンク先ページの品質となると、webページ自体をキーワードにマッチングさせなければいけないので、
やもすれば特定のキーワードのLPOのために新たにページを作成することが、もっとも効果的な事になるでしょう。



私の場合、ページを以下のように細分化させていたので、
listhing1.png

ページあたりのボリュームが少なく中々品質スコアをあげることができませんでした。


そこで、
細分化されたページをadwords専用ページとして

listhing2.png

新たに作成しました。
当然、index nofollowをつけ、クローラーには巡回されないようにします。





そうした結果、
おおむねクリック品質を上げることができました。


click.png



理想はすべてのキーワードごとに最適なadwords専用ページを設けてクリック品質の最大化を行うことが理想なのでしょうが、そこには膨大な労力が必要になってしまいます。


私のようなページ構成でwebサイトを作られているなら、
ページ作成も簡単ですし、ある程度の効果はでるんではないかと。
スポンサーサイト



[ 2011/02/18 20:29 ] PPC | TB(0) | CM(1)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/03/18 13:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
PR
リンク
yahooログール