FC2ブログ

一人webマスターの独り言

SEO・SEMやオーバーチュア広告・アクセス解析とか、独学で感じたこととか、ふと思ったことなんかをつらつらと。
一人webマスターの独り言 TOP  >  時事ネタ >  新日本法規出版の追録商法

新日本法規出版の追録商法

1年以上も前に新日本法規出版から「取締役の実務」とやらを購入したんですが、
最近法律が改正されたとかで、
「追録」

なるものが送られてきたんですが・・・・





請求書付きですか;;



こんな仕組みの書籍を買った認識は全くないんですけどね。



勝手に差し替えの部分を送りつけてきて請求書同封。




いい商売だこと・・・・・



っていうか単なる「送りつけ商法」
でしょう、
これ。




今度新日本法規出版から郵送物送ってきたら、
全力で受け取り拒否をいたします!!!
スポンサーサイト



[ 2011/11/29 13:19 ] 時事ネタ | TB(0) | CM(4)
勝手にってw
買うときはよく見ましょう

加除式本なんて普通そうだからW
[ 2012/01/08 16:12 ] [ 編集 ]
そのうち大幅に改正があり追録では収まりきらなくなったためとか嘘の電話があって似たような本が送ってくるで安心しなはれ。
[ 2012/03/01 23:28 ] [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2012/10/09 11:46 ] [ 編集 ]
新日本法規出版 詐欺
新日本法規出版株式会社は詐欺会社です。加除式書籍を買うとその後改正などで補足する追録を送りつけてきます。これはまだ序の口です。
さらに通常の追録以外に、[書籍の内容の件で] と営業が電話してきます。さらに [実は改正などがあり、お客様の要望で今回まとまった補足資料つくることになりました]といってきます。そして[今回その資料が通常の追録五回分くらいの資料枚数になるので、それを一冊の別の本の形でまとめることになりました]といってきます。そして、[今回こういった形になってしまいましたのでお客様方にご説明とご了承を頂いております。価格は〜です。]という感じの営業トークです。これは全て嘘です。通常発行している追録は本当ですが、別冊本に関しては全て嘘で、昔からある本を売る、というか売上げをあげる詐欺商法です。
電話後、一応電話で了解した客には営業社員が本をもって訪問してきます。そして購入申込書にゴム版と印鑑を要求してきます。気をつけて下さい。
この詐欺商法で企業や役所、弁護士などの士業に詐欺商法を行っているようです。そしてクレームが入ると説明不足ですみませんと本を取りにいって何事もなかったように営業はかえっていくようです。
凄い会社ですね
なぜ誰も訴えないのかな〜?
[ 2013/08/11 22:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
PR
リンク
yahooログール